ITを活用した業務効率化の
アイディアや事例をご紹介

検索結果一覧

業務効率化 の検索結果

ITシステム活用による業務効率化

ITシステム活用による業務効率化〜その実態と実践にあたって押さえるべき注意点〜

日本の生産年齢人口は、2015年時点の7,592万人から、2060年には4,418万人まで減少すると予測されています(※1)。そのため、国内企業が中長期的な成長を実現するには、業務効率化によって一人ひとりの生産性を高めたうえで限られた人的リソースで業績を維持あるいは向上していく必要があります。 一方で、日本は諸外国と比較した場合の労働生産性の低さが度々指摘されています。実際、OECD加盟36カ国のうち、2017年時点で日本の

国内企業・自治体は業務効率化を目指して先端テクノロジーをどのように活用しているのか?

【最新事例を紹介】国内企業・自治体は業務効率化を目指して先端テクノロジーをどのように活用しているのか?

今日では多くの国内企業・自治体が様々なITシステムを駆使して業務効率化に取り組んでいます。そして、一部では様々な先端テクノロジーを活用することでさらなる業務効率化を目指す取り組みが加速しています。 そこで、本コラムではRPA、AI、IoTといった先端テクノロジーを活用して業務効率化に取り組んでいる国内企業・自治体の事例を紹介します。 国内企業・自治体における先端テクノロジーを活用した業務効率化の取り組み事

業務効率化ツール画像

業務効率化を目的としたツール選定で押さえるべき3つのポイント

我が国は少子高齢化の進展と生産年齢人口の減少という社会問題に直面しており、その影響から今後は労働力不足が深刻化すると予想されています。つまり、現在は業績が好調でさらなる事業拡大を目指していたとしても、将来的には国内企業の多くが労働力を確保することが困難になっていくということです。 仮に労働力が減ったとしても現状と同等あるいはそれ以上のアウトプットを生み出せるように、業務効率化を図って一人ひとりの

業務効率化に貢献する代表的なITシステム

業務効率化に貢献する代表的なITシステムとは?

今日、業務効率化は多くの企業にとって喫緊の課題となっています。 そして、業務効率化の手段として真っ先に「ITシステムの活用」を思い浮かべるという方も少なくないのではないでしょうか?また、すでに日々様々なITシステムを活用して業務を遂行しているという方がほとんどだと思います。 そこで、本コラムでは業務効率化に貢献する代表的なITシステムを紹介します。また、業務効率化に向けてそれらのITシステムを活用する

業務効率化アイデア画像

業務効率化への一歩を踏み出すアイデア「5S」を解説

生産年齢人口の減少や長時間労働の社会問題化を背景に、多くの企業が業務効率化を急いでいます。 一方で、業務効率化が念頭にあるものの「なかなか具体的な取り組みをスタートできない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか? そこで、本コラムでは業務効率化に向けた一歩を踏み出すためのアイデアとして「5S」を紹介します。 職場環境の美化を目的とした行動指針「5S」 「5S」は、主に製造業・サービス業における

AIによって具体的にどのような業務を効率化できるのか?

AIによって具体的にどのような業務を効率化できるのか?

業務効率化を実現するための手段として、AI(Artificial Intelligence/人工知能)に注目が集まっています。IoTやAIといった先端技術を活用している企業のうち、大企業の60.8%、中堅・中小企業の71.5%が「業務効率の向上(従業員の負担軽減)」を目的としているという調査結果が示されているほどです(※1)。 一方で、「AIを活用することで具体的にどのような業務を効率化できるのか、いまいちイメージが湧かない…」という方もい

pagetop