IoT(Internet of Things)の基礎から
活用事例まで

検索結果一覧

IoT の検索結果

IoTを活用するための基盤、プラットフォームについて

IoTを活用するための基盤、プラットフォームについて

IoTとは「Internet of Things」の略で直訳すれば「モノのインターネット」です。IoTを活用する、ということはモノからデータを収集し、そのデータを活用して暮らしや業務に役立てることを意味します。 では、モノにセンサーを取り付ければすぐにIoTが実現され、活用できるようになるのでしょうか。残念ながらセンサーがひとりでにデータを収集して分析結果を示してくれるわけではありません。データを収集し、活用できるように

IoTとAIはなぜセットで使われるのか

IoTとAIはなぜセットで使われるのか

IoTと並んで近年よく見かけるワード「AI」。IoT製品の紹介の際には「IoT機器で取得したデータはAIを使うことによって~」などと並んで用語が使われることが多いですが、実際IoTとAIの関係というのはどのようなものなのでしょうか。 IoTとAIの定義 まずは、IoTとAIそれぞれの言葉の定義についてです。 ・IoT 「Internet of Things」。モノのインターネット。 身の周りにある様々なモノがインターネットで繋がること

IoTの必須アイテム「センサー」の種類と活用方法

IoTの必須アイテム「センサー」の種類と活用方法

これまでのコラムでは、IoTの活用事例や実際の製品を紹介してきました。その中でIoTを活用するということは、モノから得られたデータを活用することだとお気づきになったでしょうか。 モノからデータを取得するには、センサーの存在が不可欠です。 今回のコラムでは、IoTで利用される様々なセンサーと、そこから得られるデータの活用方法について解説していきます。 スマートフォンの内蔵センサー 個人デバイスとし

IoTを活用した大手企業による4つの製品を紹介します

コラム「IoTの活用事例 ~身近なデバイスから産業界の取り組みまで~」では様々な分野でIoTが導入されると何ができるのかをご紹介しました。 今回のコラムでは実際にIoTを活用した4つの製品をご紹介していきます。 IoT製品/Amazon ~Amazonダッシュボタン⇒AWS IoTボタン~ 身近なIoT製品として、消費者がまっさきに思いつくのはAmazonダッシュボタンだと思いますが、2019年8月31日をもってサービス終了となりました

IoTの活用事例 ~身近なデバイスから産業界の取り組みまで~

IoTの活用事例 ~身近なデバイスから産業界の取り組みまで~

コラム「IoTとは?バズワードの歴史と技術要素」で定義や歴史などをご紹介したIoTですが、IoTが世の中に広まっていくに連れて「スマート○○」という言葉もよく見かけるようになってきました。街にはスマート〇〇が溢れかえっています。 「スマート」というのは「賢い」という意味ですが、IT技術を使うことによって高度な情報処理ができるようになったシステムやモノのことを「スマート○○」と呼んでいます。一番身近なものではス

IoTとは?バズワードの歴史と技術要素

IoTとは?バズワードの歴史と技術要素

ここ数年、テレビやネットなどで「IoT」という言葉をよく見かけるようになりました。IoTはビジネスにおいて大きな役割を担いつつありますが、グローバルな視点で見ると日本のIoTは後れをとっているとの見方もあり、日本でも経済産業省を中心に国を挙げてIoTへの取り組みを推進しています。しかしながら、流行っているからと安易に飛びつくのではなく、IoTについて正しく理解したうえで導入していく必要があります。 本コラムで

pagetop