AI(Artificial Intelligence)の基礎から
活用事例まで

検索結果一覧

入門 の検索結果

「ディープラーニング(深層学習)」〜「機械学習」1

AI活用のカギを握る「ディープラーニング(深層学習)」〜「機械学習」との関係性・活用時の課題を解説〜

企業向け、一般消費者向けを問わず、すでに様々な製品やサービスでAIが活用されています。今日、これほどまでにAIの活用が進んだ背景には、インターネットの普及やそれに伴うIoT技術の進歩、コンピュータの処理速度向上など、様々な要因があります。 そして、このところAI領域に大きなインパクトを与えているのがディープラーニング(深層学習)です。 そこで、本コラムではディープラーニングの定義や活用例、活用時の課題

国産AI

【大手・ベンチャー】国内企業が開発した「国産AI」6選

IBM社、Google社、Apple社など、AI(Artificial Intelligence/人工知能)製品の開発元としてしばしばその名前が挙がるのは主に海外企業です。 しかし、実は国内においても大小様々な企業がAI製品を開発しています。 そこで本コラムでは、「国産AI」の具体例を大手企業とベンチャー企業にわけて紹介します。 大手企業が開発した「国産AI」4選 NECグループの「NEC the WISE」 NECグループでは、「NEC the WISE」というAI製

機械学習とは?AI・ディープラーニングとの関係と機械学習導入時のポイントを解説

機械学習とは?AI・ディープラーニングとの関係と機械学習導入時のポイントを解説

企業のウェブサイトはもちろん、ニュースや新聞などでも機械学習という用語を目にする機会が多くなりました。 一方で、その定義やAI・ディープラーニングといった関連用語との違いを明確には理解できていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで本コラムでは、AI・ディープラーニングとの関係を踏まえたうえで機械学習の定義を解説します。また、実際に導入する際に押さえるべきポイントを3つ紹介します。

AI仕事画像1

AIによって代替される仕事/されない仕事

身近な製品・サービスでも活用され始めたAI。しかし、雇用の観点から、「AIが人間の仕事を奪うのではないか?」という懸念が広まりつつあります。 そこで、本コラムでは具体的にどういった仕事がAIに代替される可能性があるのか、今後AIが普及することで労働環境がどのように変化していくのかといったことを解説していきます。 近い将来、約半数の仕事はAIやロボットなどに代替されるかもしれない 2019年時点でも、すでに「デ

AIとは?その定義・歴史・活用時のポイントを解説!

AIとは?その定義・歴史・活用時のポイントを解説!

アイロボット社のロボット掃除機「ルンバ」、ソフトバンクロボティクス社の感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」、Apple社のAIアシスタント「Siri」など、AIを活用した製品やサービスは日常生活においてすでに身近な存在となっています。 そして、本コラムではそんなAIについて、その定義やこれまでの歴史、ビジネスで活用するためのポイントを解説していきます。 明確にはなっていないAIの定義 AIは「Artificial In

製造業におけるAI

製造業におけるAIの活用〜国内外の事例を紹介〜

生産年齢人口のさらなる減少に備えて、製造企業の間では限られた人的リソースで業績を維持・向上していくために属人化からの脱却や業務の効率化を目指す動きが広がりつつあります。そして、その具体的な手段の1つがAI(Artificial Intelligence/人工知能)の活用です。 本コラムでは国内外の様々なメーカーにおけるAIの活用事例を紹介し、製造業でのAI活用の可能性を考察します。 【参考】製造業向けIoT/AI ソリューション

pagetop