解析ソリューション

Analysis solution
解析ソリューション

解析モデル構築事例 粒子法

概要

燃料タンク内のバッフル板の最終的な寸法、枚数、取り付け位置は実験を行い決定している。 実験にはコストおよび時間がかかるため、実験の回数を削減したいという課題があった。また、解析モデルを使用する際も、設計者が使用するため簡易的である必要があった。​

課題

メッシュ作成を必要としない粒子法(図1)による解析を設計時に利用することを提案した。また、燃料タンクのスロッシング解析を行うためのソフトウエアの開発を行った。

粒子法による流体解析の例(管内の流れ)

解決方法

装定量的に変形形状を表現する事が必要になった。本事例では、製品の外周変位量を用いて、構成する変形成分を抽出し、対応すべきソリ形状および改善するための成形パラメータを明確にした(図2)。

図2)スロッシング現象

製品についてや事業内容など、どんなことでもお気軽にお問合せ下さい。お一人お一人に丁寧にご対応させて頂きます。

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-4344

メールでのお問合せはこちら

お問合せ