解析ソリューション

Analysis solution
解析ソリューション

数値化技術事例 樹脂成形品ソリ解析

概要

樹脂成形品のソリ形状を定量的に評価するために、ソリ形状※1の数値的分析を行う。構成しているソリ形状を抽出、定量化し、不具合要因を推測した。


※1ソリ形状:樹脂成形品等の各部位の成形収縮量の差異によって発生する変形、ねじれ​

課題

一般的にソリは、図1のように最大変位量とその発生領域のみが報告される。単純な変形形状は除いて、どのようなソリであるかは表現できていない。このため、不具合の現象が正確に伝達しきれておらず、適切なソリ改善の対策が行えていない。

解決方法

定量的に変形形状を表現する事が必要になった。本事例では、製品の外周変位量を用いて、構成する変形成分を抽出し、対応すべきソリ形状および改善するための成形パラメータを明確にした。

製品についてや事業内容など、どんなことでもお気軽にお問合せ下さい。お一人お一人に丁寧にご対応させて頂きます。

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-4344

メールでのお問合せはこちら

お問合せ