解析ソリューション

Analysis solution
解析ソリューション

データ分析技術事例 プレス成形

概要

プレス成形工程における製品の品質のバラツキや不具合と関連するパラメータを抽出し、品質向上するために監視すべき項目および指標を明確にする。

課題
対象としている成形装置は、多種多様の製品を製造するため、機種変更するたびにプレス成形条件を定める必要性があり、最良の成形条件を決めるのに多大な時間を要していた。また、既存の製品品質評価は、製造ラインでは行う事ができなかった事と良否判定をするのに時間を要したため、成形条件への反映が遅れていた。結果的に製品の品質が安定しないという問題があった。
解決方法

装置は、15種類のモニターセンサーおよび制御セン サーが設置されており、1日16時間のデータ(0.5 秒間隔)を収集し監視している。蓄積しているデータ項目は温度、圧力、製造装置の軸位置センサーなどがある。これらの膨大なデータの可視化(図1)、バラツキの数値的評価(図2)、および不具合の原因を抽出するために統計的な解析が行える「R」を使用した。具体的に図3に示す手順で、データ分析を行った。定量的に変形形状を表現する事が必要になった。本事例では、製品の外周変位量を用いて、構成する変形成分を抽出し、対応すべきソリ形状および改善するための成形パラメータを明確にした(図4)。

  • 図1)データの可視化
  • 図2)バラツキの数値的評価
図3)データマイニングの作業手順
図4)相関グラフ

製品についてや事業内容など、どんなことでもお気軽にお問合せ下さい。お一人お一人に丁寧にご対応させて頂きます。

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-4344

メールでのお問合せはこちら

お問合せ